基礎工事基礎工事木工事木工事
基礎工事編
基礎はその名のとおり、住まいを長年に渡り支え続ける基礎となる非常に重要な部分です。当社では地面にかかる圧力を面の力で分散させる「鉄筋コンクリート造ベタ基礎」を採用。耐震性、耐久性において抜群の強度を誇ります。
基礎のベースを作るイメージ

基礎のベースを作る

地震から建物を安定させるための杭打ちと、構造の腐食の原因となる湿気を防ぐ防湿シートを敷き込みます。

鉄筋コンクリート造ベタ基礎イメージ

鉄筋コンクリート造ベタ基礎

外壁や内部の壁下に連続して設けた鉄筋入コンクリート造ベタ基礎を採用。耐久性・剛性に優れた家づくりを実現します。

全周基礎パッキン工法イメージ

全周基礎パッキン工法

コンクリートと木部の間に「基礎パッキン」をはさむ床下全周換気により、湿気を残らず廃湿し、木材の腐敗を防ぎます。

第三者機関と検査課による配筋・基礎検査

第三者機関による配筋検査と、当社検査課による基礎検査の二段構えにより、徹底した現場管理体制を構築しています。

検査イメージ
木工事編
補強金具を的確に施工することで、歪みの無い頑丈な構造体を実現しました。見えない部分に宿る、当社の構造体へのこだわりを感じて下さい。
適材適所の補強金具イメージ

適材適所の補強金具

土台を支える「束」、構造体の変形を防止する「火打ち梁」、1階と2階の柱の接続部に鋼製の金具を採用しています。。

プレカット加工の軸組みイメージ

プレカット加工の軸組み

軸組にはプレカット加工された木材を使用しています。コンピューター制御による加工で誤差を生じさせません。

遮音性の高い3重構造床イメージ

遮音性の高い3重構造床

2階部分の床組は、3重構造を採用することにより、高い遮音性能と振動の伝わりを最小限に抑えることが可能となります。

構造体に乾燥木材を使用

こうふくグループの住まいは、木材に構造専用乾燥材を使用していますので構造体の経年変化を防ぎます。また防湿フィルム敷きのベタ基礎や全周基礎パッキンの施工により、床下からの湿気を防ぐと共に、それによる乾燥材の含水率の高まりも防ぎ、住まいの寿命・健康を守ります。

強度が高い

築後のトラブルを防ぐ

家の寿命が延びる

腐朽菌、カビが繁殖しにくい

無垢材なので人に優しく健康的

一般的な筋交い耐力壁と面材耐力壁の違い。

自身の揺れに強い!「面材耐力壁」を新採用

一般的な筋交い耐力壁では、自身などの外力が加わると接合部などへ負荷が集中してしまいますが、当社の外部パネル施工による面材耐力壁では、面全体に負荷が分散されます。

ACCESS

アクセス

〒640-8323
和歌山県和歌山市太田2丁目8番11号
営業時間/9:00~18:00(年中無休)

キッズルームこうふく
HouseDO
割烹華新
炭火焼鳥杉の子
 こうふくホームをもっと知ろう、繋がろう!

SNS

ソーシャルネットワーク

  • instagram
  • facebook